XM 仮想通貨

XMで仮想通貨の取引するときに気をつけること

投稿日:

XM 仮想通貨 取引 アイキャッチ画像

2017年ビットコインなどの仮想通貨は値上がりを続け、「億り人」という言葉を作るぐらいに世間を騒がせました。2018年からは一転して急落し、2019年も引き続き低空飛行を続けていました。ところが2020年は2017年ほどのペースではないものの、少しずつ値上がりするなど再び注目を集めています。そうした仮想通貨ですが、実はXM取引が可能です。今回はXMで仮想通貨の取引の特徴についてみていきましょう。

(なおXMでは2019年から現在所有している仮想通貨以外の取引が禁止されていますので、気を付けてください。)

 

 

◆XMでおこなう仮想通貨取引の違いとよいところ

XMでおこなう仮想通貨の取引は仮想通貨取引所で行うものとはだいぶ異なっています。どういったところが違うのでしょうか。

XM 仮想通貨 取引 見出し画像1

・CFD取引なのでセキュリティは高い

仮想通貨はインターネット上に存在するコインのようなものなので、所有する場合は「ウォレット」という財布が必要です。ですがXMでは仮想通貨を持つことになってもウォレットを用意することはありません。

 

どうして仮想通貨を所有できるのでしょうか。その答えはCFDにあります。差額決済を意味するCFDでは実物を所有することなく、買ったときの価格と売った時の価格の差額のみで決済されます。XMにおける仮想通貨の取引も同じ方式になっており、取引の差額がやり取りされるだけです。買値と売値のみが動くことになるため、仮想通貨を持つ必要がなくなりウォレットももつ必要がないというわけです。

 

ウォレットがないことのメリットは「セキュリティ性が高い」といえます。仮想通貨を保有するウォレットは、商品ともいえる仮想通貨が入っていることからハッカーなどから狙われるというリスクがあります。ですがXMであればウォレットないため仮想通貨そのものを持つ必要がないことから、ハッカーに狙われることがありません。そのため保有している(そのように見える)仮想通貨を外部要因で失うことがなく、安全性が高いといえます。

 

・ボーナスを活用できる

XMには口座開設ボーナスやロイヤリティプログラムによるボーナスなど、ボーナスがたくさん用意されています。仮想通貨の取引もドル円やユーロ円などほかの取引と同じように扱えることから、ボーナスを使った取引が可能です。仮想通貨は制限などの法整備が不十分であることから、大きく価格が上がる半面、下がる時は一気に下がるなどボラリティの激しい一面をもっているのが特徴です。そのため運が悪いと大きな損失を抱えることになるのですが、ボーナスを使って取引をすれば損失の軽減がおこなえます。

 

またボーナス以外にもロスカットシステムやゼロカットシステムなど、トレーダーを救済する手段がXMは豊富です。そうした仕組みも仮想通貨の取引で使用できるので、そうした観点からもXMでの取引は安全性が高いともいえます。

 

 

◆XMで仮想通貨のCFD取引をするときに気を付けること

仮想通貨取引所での取引と違うことから、実際に取引するときは気を付けなければいけないことがあります。

XM 仮想通貨 取引 見出し画像2

・取引時間に制限がある

XMで仮想通貨の取引をするときは「土曜日や日曜日は取引ができない」ことには気を付けてください。仮想通貨は24時間稼働し続けるインターネット上にあることから、仮想通貨取引所でも24時間いつでも仮想通貨の取引が可能です。ですがXMで扱う仮想通貨はほかの取り扱い種目と同じような扱いになることから、取引時間には変化がありません。そのためXMにおける仮想通貨の取引時間は、月曜日の朝6時5分頃から土曜日の朝5時50分頃までという制限がかかっています。(冬時間になると1時間ほど時間がずれます)

 

そのため土日に何かあったとしてもXM上からは何もできないので、金曜日にすべて売却するなどの対策が必要となります。

 

もっとも仮想通貨のスワップポイントはマイナスであることも多いので、土日も保有していると2日分のスワップポイントを引かれてしまうので、土日をまたいで長期保有するメリットはあまりないかもしれません。

 

・MT5でしか取引できない

XMで使えるプラットフォームはMT4とMT5の2つです。仮想通貨の取引がおこなえるのはMT5だけでありMT4は取引できませんので、気を付けてください。仮想通貨自体は誕生してからそれほど経過していないものであり、古くからあるMT4で対応できないのはある意味で、仕方がないことなのかもしれません。

 

「仮想通貨の取引がしたいけれど、MT4の口座しかない」という方は新しくMT5の口座を作る必要があります。幸いXMでは最大8つの口座が作れるので、たいていのケースは問題なく作れるでしょう。すでに8つ口座を作ってしまった方は残念ながら今は新しい口座が作れません。古い口座が凍結状態になって消失するのを待つか、サポートに相談するなどの対策が必要となります。

 

なおMT5内で仮想通貨の取引方法ですが、こちらはドル円などほかの取引項目とほぼ同じ手順で取引がおこなえるようになっています。取引品目の中に「BTC/USD」など仮想通貨を使用した項目があるので、探し出して気配値を表示し、いつもと同じ感覚で取引すれば大丈夫です。

 

またMT5用の口座を作るときは、口座の種類にも気を配るようにしましょう。XMには「スタンダード口座」と「マイクロ口座」、「ゼロ口座」と3種類あるのですが、そのうちゼロ口座のみ仮想通貨の取引ができないようになっています。もしも仮想通貨の取引がしたいときは、口座開設の段階でスタンダード口座ないしはマイクロ口座を選ぶ必要があります。

 

 

◆まとめ

XMで仮想通貨の取引をする場合は、ボーナスの活用ができたり、セキュリティの心配がなかったりといったメリットがあります。しかし土日が取引できなかったり対応しているプラットフォームが限られていたりと、デメリットも存在するので気を付けてください。

メリットとデメリットを踏まえて、仮想通貨を専用に取引するのであれば、仮想通貨取引所など専用の取引所を利用したほうがいいです。もしもXMで仮想取引するときはCFDの1つとして他の種目とも兼ね合わせて取引することをお勧めします。

-XM 仮想通貨

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.