XM 仮想通貨

XMにビットコインを入金する方法と、入金することで発生するメリット・デメリット

更新日:

アイキャッチ画像、入金、XM ビットコイン 

2009年に運用が始まったビットコイン。現在は1500万枚以上も流通しており日常生活でも使用されはじめるようになるなど身近なものになりつつあります。そのため、XMでもビットコインでの入金ができるようになりました。今回はXMでのビットコインを使った入金方法および、そこで得られるメリットなどについて紹介します。

 

 

◆ビットコインを使ったXMへの入金方法(※現在は取り扱っていない)

ビットコインで入金をするための手順について見ていきましょう。

見出し1、入金、XM ビットコイン

・マイページより入金手続きを開始する

ビットコインの入金も他の入金方法と同じくXMのマイページよりおこないます。マイページにログインをしたら画面の上部にある「資金を入金する」をクリックして入金方法一覧画面を選択します。

 

・入金方法一覧画面からビットコインの項目を選ぶ

入金方法一覧画面では、「bitcoin」の項目を探しだし、その下にある「入金」をクリックして「資金の入金 - Bitcoin」画面を表示します。「bitcoin」と似た言葉として「bitwallet」というのがありますがこちらは別ものですので気をつけてください

 

・入金項目の選択

「資金の入金 - Bitcoin」画面では「Bitcoinウォレット」と「入金額(JPY)」という項目があります。「Bitcoinウォレット」では「BitPay Wallet」「Copay Wallet」「Mycelium Wallet」など入金に使用するウォレットを選択します。リストになければ「その他」を選択しましょう。「入金額(JPY)」では入金額を日本円で入力します。

また、画面上部に「XM口座ID」と「XM 口座名」というのが表示されます。これは後で使用しますので忘れずにメモしてください。

入力が終わったら「入金」をクリックして確認画面を表示し、内容に問題がなければ「確定」をクリックします。XM側でおこなう処理は以上となります。

 

・ビットコインウォレットで入金処理をおこなう

XM側での処理が全て終わったら今度はビットコインウォレット側に移動して入金手続きをおこなうことになります。

 

・「Bitcoinウォレット」で「その他」を選択していた場合の注意事項

もしもXMの「資金の入金 - Bitcoin」画面にて「Bitcoinウォレット」で「その他」を選択していた場合は終了時に「QRコード・アドレス画面」が表示されます。この画面はアドレスを使った入金方法とQRコードを使った入金方法の2つが提示されます。アドレスを使って入金する場合はアドレスにたいして入金するようにし、QRコードを使う場合はQRコードを読み取って入金手続きを実施するようにしてください。

 

・入金時の注意点

XMでビットコインの入金をするときに注意点があり、それが「XMで登録した名義とビットコイン側の口座の名義が同じでないと入金できない」ということです。マネーロンダリングなど不法行為を防止する目的でこうした制限が設定されています。

 

 

◆XMにビットコインの入金をしたことで得られるメリット

ビットコインをXMに入金することにより、得られるメリットとおこなえるようになることについて説明をしていきます。

見出し2、入金、ビットコイン、XM

・ビットコインで多様な取引がおこなえる

ビットコインを管理する取引所ではビットコインなどの仮想通貨を取り扱えるけれど、基本的には仮想通貨以外は取り扱えません。これに対してXMは外貨やCFD、さらにはビットコインそのものなどさまざまなものを取り扱っています。そのため、ビットコインをXMに入金すると、そのお金で外貨を入手したり、金を保有して運用したりと多様な取引がおこなえるようになります。もしもビットコインの価格上昇が見込めない局面に遭遇したら、XMにビットコインを入金して他のものを扱ってみてはいかがでしょうか。

 

・入金時に手数料が発生しない

入金するときに手数料が一切発生しないのもビットコインの入金のメリットです。ただし厳密にいうと手数料そのものは発生しているのですが、XM側が立て替えてくれるためトレーダー側に請求が来ないということですので注意してください。

 

・入金結果が即座に反映される

入金結果が反映されるまでの速度が早いのもビットコインでの入金のメリットになります。ネットワークの混雑状況にもよりますが、混雑していなければ即座に反映され、混雑していてもおおむね1時間以内には入金が完了します。

 

・入金することがリスクヘッジになる

法整備などの事情により、ビットコインを管理するビットウォレットや取引所はセキュリティ面が弱い場合があります。実際に2014年には「マウントゴックス事件」という大規模なハッキングによって、多くのビットコインが勝手に売り出されるという事件がありました。FX業者であるXMは法整備がしっかりなされており、セキュリティ面も充実しています。そのためビットコインのリスクヘッジという目的で入金するのもおすすめです。

 

 

◆ビットコインで入金するときに発生するデメリット

ビットコインでの入金にもリスクが潜んでいる場合があるので気をつけてください。

見出し3、入金、XM ビットコイン

・突然入金できなくなることがある

ある日いきなり入金できなくなるのがビットコインでの入金のデメリットです。2019年6月には事前連絡なしにXMでビットコインの入金ができなくなるなど、ビットコインはいきなり入金できなくなることがあります。

これはビットコインの現状が大きく関係しています。ビットコインそのものは通貨として誕生したものの、現在は投機の1種としての面が強いため、価格の変動が通常の通貨よりも激しいです。それゆえXMの運営者側も価格変動の激しさが運営になにかしらの支障が与えるのではないかと不安になり、その結果として入金の禁止を決定することがあるのです。

ただしビットコインでの入金が禁止になったとしても、すでに入金したのが取り上げられたりすることはありませんので安心してください。

 

・入金できる金額の上限がある

XMにビットコインを入金する場合は1月あたりに5000ドルまでしか入金できないことには注意してください。ただしこの金額は「入金時の価格」を基準におこなわれます。例えばある月に3000ドル分のビットコインを入金し、途中で価格が3000ドルから5000ドルに上がったとしても、その月の入金できる金額は2000ドルのままとなります。

 

 

◆まとめ

ビットコインを使った入金の手続き自体は簡単におこなうことができます。そしてXMにビットコインの入金をすると、外貨の取引など取引所ではできなかった様々なことがおこなえるになります。そのためビットコインをXMへ入金するときは「入金してから何をするのか」をよく考えてからおこなうようにしてください。

-XM 仮想通貨

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.