XM 出金

海外FXのXMで出金できないときにおきていること

更新日:

XM、出金、FX、アイキャッチ画像

FX取引で稼いだ利益を出金によって自分の口座に移したい場合、まれにですが何かしらの事情によって出金自体ができなかったということがおきます。海外のFX業者であるXMの場合は国内よりも原因がわかりづらいことも時にはあるのですが、実際にはどんなことが原因で起きているのでしょうか。今回はよく起きる出金できない理由についていくつか説明をします。

 

 

◆海外FXのXMでは出金できる金額に上限がある

XMでは出金方法別に取り出せるお金に上限額が設定されていますので、気をつけてください。

XM、出金、FX、見出し画像1

・クレジットカードなどは入金額が上限

海外FXは出金方法に応じて出金にできる金額に上限を設けていることがあります。出金の上限設定はXMまた例外ではありません。実際にXMでもクレジットカードやBit Walletなど銀行送金以外の出現方法に対しては「入金額以上のお金は取り出せない」という制限が設けられています。

 

入金額以上のお金を取り出せないというのを定めた目的は、マネーロンダリングを防ぐためです。たとえば誰かのクレジットカードを不正に入手して、カードからXM の口座に入れて、入金したお金を即座にテロ組織を支援している人の銀行口座に振り込んだ場合はどうでしょうか。入金元は不正に入手したものなのでテロリストにつながる可能性は低く、出金先に関しても、口座の持ち主についてはXMは調べはするけれども、出金したお金をどう使うのかまでは調査したりはしないはずです。

 

このように入金したお金を自由に出金できるようになると、犯罪行為を助けることにもなるので、テロ行為や犯罪行為には一切加担しないということを示すためにもXMは入金額に応じて出金に制限をかけるようになりました。

 

・銀行送金ならば上限はなし

クレジットカードやBit Walletの場合は入金額以上のお金は出金できないというルールが定められています。コレに対して銀行送金の場合は「入金額以上のお金を出金できない」といった制限を設けられておらず、自由にお金を取り出すことが可能です。ただしクレジットカードで入金したお金を銀行送金で取り出すといった方法は、原則できないようになっていますので気をつけてください。

 

銀行送金でのみ自由にお金を取り出すことが可能なのは、「利益を取り出す唯一の方法」と定められているからです。FX取引で得た利益というのは入金手段に関わらず発生するものですので、利益を取り出す方法も忘れずに用意しておかないとトレーダーたちから大顰蹙を買う恐れがあります。結果として利益を送金するのに選ばれたのが銀行送金で、「安全性が他の出金方法よりも高い」という理由があげられるでしょう。

 

XMから国内の銀行へ出金するときは、中継役となる銀行を経由することになり出金先の銀行だけでなく中継役の銀行でも審査がおこなわれます。二重、場合によっては三重もの審査が銀行員たちの手によっておこなわれるため、信頼性が高いと判断され、銀行送金のみ利益を取り出せるようになりました。

 

 

◆海外FXのXMが定めた出金ルールに反している

出金には順番などのルールがあり、実際におこなうときはルールを守っておこなわないといけません。

XM、出金、FX、見出し画像2

・出金する順番が決まっている

XMでは出金に優先順位が設けられているので注意してください。優先順位で最も高いのはクレジットカードおよびデビットカードであり、その次がビットウォレットなど銀行送金以外の手段、最後が銀行送金となっています。XM側で作られたこのような優先順位の都合により、ビットウォレットに出金をしたい場合はクレジットカードへの出金が一旦すべておこなう必要があり、銀行送金を使った出金をしたい場合はクレジットカードやBit Walletなど銀行以外から入金したお金をすべて出金して口座から取り除いた状態にしないと出金することができません。

 

なお出金そのものにはルールは設定されていますが、入金に関しては特にルールは設定されていませんので安心してください。

 

・マネーロンダリング防止のための順番

ではなぜXMでは出金する際に優先順一応ルールを設けられているのでしょうか。ルールがある理由はマネーロンダリングを防ぐことにあります。XMは海外FX業者であることから世界中のさまざまなところで取引をしています。世界中を相手にすることから、人によってはマネーロンダリングやテロ組織への資金供給のために悪用することもあり、不正利用を防ぐ目的で出金に優先順位が設けられているのです。

 

またさまざまな入金方法を使用すると、どの方法で入金したお金で利益を得ているのかなどの情報やボーナスが付与されているお金などの情報の管理が難しくなるなど、入金手段が多いとどれくらいの損失や利益が含まれているのかが見分けにくくなるという面もあります。出金するときはできるだけ損失や利息は明確な状態にしてからおこないたいですので、出金に優先順位が設けられるようにもなりました。

 

・証拠金維持率が150%未満になる場合

XM ではポジションを維持したまま、出金をすることはできます。ただし出金をするということは口座で自由に使えるお金、つまり証拠金の割合を下げてしまうことにもなり、取り出す金額次第では認められないので注意してください。基本的には取引での証拠金維持率が150%を未満となってしまうぐらいの出金は認められていません。

 

ではどのように計算をすれば証拠金維持率が150%未満となる出金がわかるのでしょうか。コレは2段階の計算処理でわかります。たとえば、証拠金が100万円で、取引の必要証拠金が10万円としましょう。必要証拠金から証拠金維持率は「必要証拠金×1.5」で求められるので、「10万円×1.5=15万円」が最低限残すべき証拠金となります。現在の証拠金は100万円ですので「100万円 - 15万円 = 85万円」となり、85万円までならば出金できるということになります。

 

 

◆まとめ

金融庁の登録を受けてないとはいえ、XMには10年以上に渡って世界各国でFX取引をしてきた実績があります。そのため恣意的な理由で出金できないということはまずありません。出金できないときは、証拠金維持率が一定以下になりそうだったり、出金方法が間違っていたりする場合があります。もしも出金できないような状況に遭遇しましたら、一旦冷静になって理由を探るようにしましょう。

 

-XM 出金

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.