XM 入金

XMでの入金方法および、メリット・デメリット

更新日:

XM 入金方法 キャッチアップ画像

XMで資産運用をするにはお金をXMに入金しなければいけません。ですが、その入金方法には様々なものがあり、それぞれにメリット・デメリットが存在しています。今回は入金方法およびそのときに生じるメリット・デメリットについて紹介します。

 

 

◆クレジットカードでの入金

ここではクレジットカードを使った入金の手順と、そのときに発生するメリット、デメリットを紹介します。

XM 入金方法 見出し1の画像

・クレジットカードでの入金手順

入金は会員ページからおこなうことになるのですが、最初は会員ページの画面にある「資金を入金する」をクリックしてください。すると入金方法一覧画面が表示されますので「Credit/Debit Cards」の下にある「入金」をクリックします。

その後は入金額の入力欄に入金したい金額をいれて「入金」をクリック、最後に確認画面が表示されますので、その画面にある「確定」をクリックすれば終了です。

 

・メリット1、即座な反映される

クレジットカードを使った入金のメリットは「XMの口座に即座にお金が反映される」ことです。そのため「今すぐに取り引きをすぐにしたいけれど資金がない」という状態であっても、クレジットカードならば即座にその状況を解消することができます。

 

・メリット2、入金手数料がかからない

また、クレジットカードでの入金には手数料がかかりません。そのうえ最低金額が500円なので、小口の資金を何度も入金したい場合は便利です。

 

・デメリット1、使えないクレジットカードがある

ただしXMでの入金はVISA、JCBなど一部のカードに限られており、MasterCardやDiners ClubやAmerican Expressなどは使用できないので気をつけてください。

もしもクレジットカードで入金をしたいという場合は、あらたに会員手続きなどをしてカードを発行してもらうといった準備が必要となります。

 

 

◆銀行からの入金

銀行からの入金は一度に大きなお金を入金できたり、手続きに時間を要したりと他の方法にはないメリット・デメリットがあります。

XM 入金方法 見出し2の画像

・銀行からの入金手順

銀行からの入金の場合も、最初は会員ページの画面にある「資金を入金する」をクリックするところから始まります。その後表示される入金方法一覧にて「Local Bank Transfer」という項目を探し、その下にある「入金」をクリックしてください。クリックすると振込先となる銀行口座の名義や口座の番号、口座種別などが表示されます。XM側でできるのはここまでであり、後はインターネットやATMなどから、画面に表示された口座に対して振込手続きをおこなうことになります。

 

・メリット、大きな金額を一気に振り込める

銀行からは、一度に大きな金額を入金することができます。例えば、三菱UFJ銀行の場合は、キャッシュカードを使った入金であれば、最大100万円までを入金することができ、

みずほ銀行ならばみずほダイレクトを使えば最大500万円まで一度に入金することが可能です。こうした入金可能額が大きいのが銀行からの入金の大きなメリットといえます。

 

・デメリット、振込に反映されるまでに時間がある

銀行からの入金の場合、XMへの口座に反映されるのには30分から1時間ほどかかるので気をつけてください。また、入金自体も平日の9時から15時までしか対応していないので、「投資したいけれど資金がない」という自体を避けるためにはある程度計画性な入金が要求されます。

 

 

◆ビットコインからの入金

ビットコインからの入金は時期によってできるようになったり、できなくなったりすることがありますが、ここではできるものとして説明をします。

XM 入金方法 見出し3の画像

・ビットコインからの入金手順

ビットコインからの入金も他の入金手段と同じくマイページから実施します。マイページにある「資金を入金する」をクリックして、入金方法一覧画面を表示し、そこに「Bitcoin」があるのでその下にある「入金」をクリック。

ビットコインの入金先を指定する画面が表示されるので、Bitcoinウォレットのプルダウンから入金に使用するウォレットを選択し、その隣にある欄には入金額を入力します。その後は、画面下にある2つのチェックボックスにチェックを入れて「入金」をクリックすれば完了です。

 

・メリット、入金金額を安くすることができる

ビットコインなどの仮想通貨は市場で価格が変動するため、状況次第では、本来の金額よりも多くのお金を入金することが可能です。

例えば40万円分のビットコインを購入し、その後価値が上がって価値の合計が50万円になったとします。その状態でXMに50万円すべて入金すると、40万円の手持ちで50万の資金をXMに振り込んだことになり、10万円も得をしたことになります。

 

・デメリット、場合によっては入金金額が高くなる

ビットコインなどの仮想通貨は日々価格が変動するので、価格が上がることがあれば下がることもあります、そのことがビットコインを使った入金のデメリットとなります。

 

例えば、50万円で購入したビットコインが価格の下落により、40万円まで価格が落ちたとしましょう。その状態でビットコインをすべてXMに入金をすると50万円使ったにもかかわらず、40万円までしか入金できないことになり、10万円分も損をしてしまいます。

 

 

◆STICPAYからの入金

オンライン上の決済サービスがSTICPAY(スティックペイ)が2018年12月より使用可能になりました。ここではそのSTICPAYの入金について説明をします。

XM 入金方法 見出し4の画像

・STICPAYからの入金手順

マイページにある「資金を入金する」から入金方法一覧画面を表示し、そこで「SticPay」を探し、その下にある「入金」をクリックします。その後は入金金額を入力する欄が出るので金額を入力後「入力」「確定」の順番でクリックすれば完了となります。

 

・メリット、マスターカードからの入金できる

MasterCardは本来、XMに対しては入金できないのですが、STICPAYに対しては入金できるので、うまく活用すればMasterCardからもXMへ入金ができるようになります。

やり方は、MasterCardから入金用のお金をSTICPAYに振り込んだ後、STICPAYからXMの口座に入金をするだけです。

またMasterCardからSTICPAYへ振込をするときにポイントが付与され増すので、普段からMasterCardを使用している方はSTICPAYも利用してみてはいかがでしょうか。

 

・デメリット、STICPAY自体への入金に手数料が発生する

STICPAYからXMへの入金時は手数料が発生しないのですが、STICPAYに対してお金を入れるときには手数料が発生するので注意してください。基本的にはクレジットカードを使った振り込みであれば、振込金額の3.85%が手数料となり、国内銀行からの振り込みであれば振り込み金額の1%が手数料となります。

 

 

◆まとめ

入金方法は銀行やクレジットカードなど様々なものがあり、そのやり方こそある程度は共通であるのですが、振り込みときのメリットやデメリットはそれぞれで異なっています。入金をするときは、そのメリット・デメリットを理解し自身にあった入金方法を選ぶようにしましょう。

 

-XM 入金

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.