XM 全般

XMのMT4でログイン時に入力するサーバー名を忘れたら?

投稿日:

XM MT4 サーバー アイキャッチ画像

XMでは口座開設をすると、ログインするのに必要ログインIDを後でメールにて通知されます。そのためメールにはログインIDが必ず記載されているのですが、もう一つ記載されている情報があります。それが「サーバー名」です。

ログインIDはログインするのに使うのはわかるのですが、なぜサーバー名も一緒に送られてくるのでしょうか。ログイン先を分類するなどの都合でサーバー名も送られるのですが、今回はそうしたサーバーに関することをお話しします。

 

 

◆XMのMT4で使うサーバーとは

MT4にてログインするときにはサーバー名の入力をするのですが、そもそもサーバーとは何なのでしょうか。

XM MT4 サーバー 見出し画像1

・サーバーとはFX取引をするコンピューターのこと

MT4などで使うサーバーとは「サービスを提供するコンピューター」のことです。私たちもFX取引をするときにパソコンを使うのですが、こちらは「サービスを受けるコンピューター」であることから「クライアント」と呼ばれています。私たちがもっているクライアントのコンピューターにサービスを提供するのが「サーバー」側のコンピューターとなります。

 

MT4にてサーバー名を入力するのは、サービスを受けるコンピューターを指定するのと同じです。また取引した内容はすべてサーバー側で管理していることから、サーバーへのアクセスはFX取引するときに必ずおこなうようになっています。

 

・サーバーが別であれば同じログインIDでもよい

「ログインIDがあるのだから、わざわざサーバー名を入れる必要はあるのか」といった疑問もあるでしょう。実はサーバー名があることで得らえるメリットもあります。それが「同じログインIDが使える」ことです。

 

ログインIDでユーザーを分けるとすると、すべてのユーザーに対して一意のログインIDを用意しなければいけません。たとえば1000万人トレーダーがいれば、1000万通りのログインIDを作成することになります。

 

サーバー名を別個用意できれば、ログインIDはすべて一意にする必要がなくなります。同じログインIDであってもサーバー名が異なれば、ログイン先となるサーバーが異なるためユーザーの混在が発生しなくなるからです。そうした事情などによってサーバー名は必要となっています。

 

・サーバーを自分で管理しなくていいのはメリットが大きい

XMで使用するサーバーはXM側で管理しているのですが、こうしたことはトレーダー側にもメリットがあります。それが「維持費を気にしなくていい」ことです。サーバーは常に起動状態にしておく必要があるため、電気代がかかります。さらに熱が発生してオーバーヒートすることを防ぐ必要があることから、サーバーを置いておく部屋は設定温度を低くしておかなければいけません。こうした事情からサーバーの維持にはかなりお金がかかるようになっています。

 

個人でサーバーを管理するには維持費が大きなネックとなりますが、そのサーバー管理を運営会社側がおこなうと、私たちはシンプルに「サーバーを利用するだけ」でよくなるため維持費などを気にする必要がなくなります。

 

 

◆XMのMT4でサーバー名を忘れたときの対処法

MT4にてログインするときにはサーバー名をときには忘れてしまうこともあるかもしれません。そうしたときはどうすればいいのでしょうか。

XM MT4 サーバー 見出し画像2

・受信メールを確認する

XMでMT4のログイン先となるサーバー名は、必ずXMから送付されたメールに記載されています。そのためサーバー名が思い出せないときは、受信メールの中を調べなおすようにしてください。もしも受信メールから見つからないときは、ほかのフォルダに入っている可能性もありますので、そちらもチェックするようにしましょう。

 

メールサーバー側の設定によって、XMから送付されたメールが迷惑メールとして処理されることがあるからです。そうした迷惑メールは普段の受信用フォルダとは別の場所に置かれているケースが多いので、迷惑メール用のフォルダを探して中を見てみるようにしてください。

 

・マイページにアクセスする

過去に受信したメールが残っていればログインするサーバー名の確認は簡単におこなわれます。ですが普段から受信するメールが多いという人は探すのが困難になりますし、間違って削除してしまった場合はいくら探しても見つかることはありません。そうした「メール内にXMから来たメールが見つからない」という状態に遭遇したときはどうすればいいのでしょうか。

 

そうしたときは「XMのマイページにログインする」ようにしてください。マイページでは口座番号や口座の残金などを確認できるのですが、同時にサーバー名も確認できるようになっています。メールでの確認が不可能ないし困難になったときは、マイページからの確認がオススメです。

 

なおマイページへのアクセスにはログインIDとサーバー名を入力するのですが、万が一そちらを忘れてしまうとログイン自体ができなくなります。この場合はXMのサポートに相談するようにしましょう。

 

・ログイン時にサーバー名がないときはサーバー情報を更新する

MT4へログインするときに、サーバー名がない場合は、MT4内で記録されているサーバー情報が、古い可能性があります。そのためログインするサーバー名を出したい場合は、サーバー情報を更新しなければいけません。サーバー情報を更新するときは、MT4のメニューから「ファイル」の中にある「デモ口座の申請」をクリックしてください。

 

サーバーの一覧画面が表示されますので、画面の右下にある「スキャン」ボタンをクリックします。するとXMのサーバー情報へアクセスがおこなわれて、サーバー情報が最新のものへとアップデートされます。あとはログイン画面に戻りもう一度ログイン操作をおこなってみましょう。

 

 

◆まとめ

サーバーとはサービスを提供するコンピューターであり、XMでFX取引するときは必ずサーバーにアクセスする必要があります。ログインするときにはサーバー名が必要となるのですが、名前は必ずXMから贈られたメールに記載していますので、確認してください。もしも忘れた場合はマイページで確認したり、XMのサポートなどを利用して対応しましょう。

-XM 全般

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.