XM 入金

XMでBXONEはおすすめ?BXONEの使い勝手を他の送金方法と徹底比較!

投稿日:

  • XMの入金・出金方法でBXONEってどうなの?
  • BXONEのメリットやデメリット、お得な情報を知りたい

海外FXのXMでは全部で5つの入金・出金方法があります。

本記事では、その中でややマイナーな存在である「BXONE」についてみていきましょう。

今回の内容

  • XMのBXONEの特徴
  • XMのBXONEのメリット・デメリット
  • BXONEの利用方法

読後はXMのBXONEの特徴が理解できるはず。

ぜひこの記事を参考に、ご自身に合った送金方法を選んでみてくださいね。

XMのBXONEの特徴

「そもそもBXONEってなに?」という方も多いでしょうから、まずはBXONEの特徴から確認しましょう。

XMの送金方法5つを比較した表をご覧ください。

 

入金手数料

最低入金額

対応時間

入金反映までの時間

メモ

国内銀行送金

無料

※振り込み手数料はかかる

1万円

※1万円以下だと手数料がかかる

平日かつ銀行の営業時間内

30分〜1時間程度

出金が簡単

クレジットカード・デビットカード

無料

500円

※JCBは1万円から

平日24時間

即時

手数料が完全無料

bitwallet

無料

500円

平日24時間

即時

対応業者数が多い

STICPAY

無料

500円

平日24時間

即時

STICPAYカードでいつでもお金を引き出せる

BXONE

無料

500円

平日24時間

即時

手数料が最も安いオンラインウォレット

BXONEはオンラインウォレットの1種ですが、対応している業者が「XM」か「BIGBOSS」とかなり少ないです。

よってほとんどXM専用として利用するケースがほとんどでしょう。

特徴やメリット・デメリットを踏まえ、ぜひ利用するか検討してみてください。

本題ですが、表組みを踏まえたBXONEの特徴は以下3つです。

BXONEの特徴3つ

  • 対応する国内銀行が多く、入金手数料が無料
  • クレジットカード入金には対応していない
  • 出金手数料は500円とオンラインウォレットの中でも安い

BXONEはオンラインウォレットですので、「一旦BXONEに入金→XMに入金」といった手順を踏む必要があります。

上記を踏まえ、BXONEのメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

XMでBXONEを使用するメリット

XMでBXONEを利用するメリットは以下の3つです。

カード送金のメリット

  • 入金が即時反映される
  • 入金手数料が無料、出金手数料も安い
  • 対応する国内銀行が多い

それぞれ詳しくみていきましょう。

入金が即時反映される

BXONEのメリット1点目は、「入金が即時反映される」点。

クレジットカードとオンラインウォレットはいずれも入金が即時反映されるので、入金速度を重要視する方にはおすすめの手段だといえます。

ちなみにこちらは「国内銀行送金」と比較した際のメリット。

国内銀行送金かBXONEかで迷った際は入金速度で比べてみてください。

入金手数料が無料、出金手数料も安い

続いて、BXONEは手数料が比較的安いことがメリット。

XMでは、入金・出金時にそれぞれの手数料がかかります。

銀行振込:振り込み手数料:「108〜648円」 / 1万円以下の入金「980円」
クレジットカード:無料
bitwallet:クレカ(VISA・Master):入金額の4% / クレカ(AMEX・JCB・Diners・Discover):入金額の5%
STICPAY:クレカ(VISA・Master):入金額の3.85%
BXONE:出金時一律「500円」

ご覧の通り、BXONEは入金手数料が無料+出金手数料が一律「500円」

状況にもよりますが、基本的にXM内で2,3番目に安く入出金が行える手段だと言えるでしょう。

オンラインウォレット3種の中では一番安く済むケースも多いかと思いますので、手数料の安さを重視する方にはおすすめです。

とはいえ最も手数料が安いのはクレジットカードなので、安く入出金を行いたい方は是非以下もチェックしてみてください。

「XM クレジットカード」記事へリンク

対応する国内銀行が多い

最後に、BXONEは「対応する国内銀行が多い」というメリットがあります。

というのも、前述したようにオンラインウォレットは「オンラインウォレットに入金→XMに入金」といった手順が必要。

そうなった際に、オンラインウォレットに入金可能な銀行が多いのはメリットだと言えるでしょう。 ちなみにBXONE対応している国内銀行の例としては以下の通り。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJなど

逆にbitwalletなどはみずほ銀行にしか対応していないので、銀行振り込みでオンラインウォレットを利用する場合はBXONEを利用すると便利な場面が多いかもしれません。

XMでBXONEを使用するデメリット

一方で、BXONEには以下2つのデメリットもあります。

カード送金のメリット

  • クレジットカードでの入金ができない
  • BXONEに対応しているFX業者が少ない

メリット・デメリット双方を踏まえ、BXONEを評価してみてください。

クレジットカードでの入金ができない

BXONEのデメリット1点目は、「クレジットカードでの入金ができない」こと。

オンラインウォレットでXMに入金するためには一度BXONEに入金する必要がありますが、BXONEでは銀行送金でしか入金することができないのです。

よってクレジットカードを利用する機会が多い方にとっては、クレジットカード非対応のBXONEは少々使い勝手が悪いと言えるでしょう。

BXONEに対応しているFX業者が少ない

BXONEのデメリット2点目は、「BXONEに対応しているFX業者が少ない」こと。

というのも、bitwallet等は他に対応しているFX業者が多いため、XM以外でも活用できる場面が割とありますが、BXONに対応しているのは「XM」か「BIGBOSS」くらい。

よって、ほとんど「XM専用で使用する」使い方が主となります。

XMでしか使わないけど、わざわざ登録するほどのメリットがあるか」という観点で、ぜひ他のオンラインウォレットと比較してみてください。

XMのBXONEでの送金方法を解説

ここまでBXONEのメリット・デメリットを見てきました。 ここからは実際のBXONEの利用方法を見ていきましょう。

カード送金の利用方法

  1. 「入金方法一覧」から「BXONE」を選択
  2. 指示に従い入金を済ませる

上記2ステップでBXONE送金が可能ですので、ぜひ参考にしてみてください。

「入金方法一覧」から「」を選択

まずはXMのマイページにログインし、「資金を入金する」をクリックします。

入金方法が一覧で表示されたら、そこから「BXONE」を選択しましょう。

BXONEの方へ入金を済ませておくのも忘れずに。

指示に従い入金を済ませる

BXONEを選択したら、指示に従って入力していけばOK。

画面に表示されているとおりに「BXONEのウォレットID」と「入金金額」を入力し、「入金」をクリックしましょう。

そうするとBXONEのページに飛ぶので、そちらにログインし、「送金金額」と「残高」を確認します。

決済完了ののち、「入金リクエスト完了」が表示されれば無事入金完了です。

そこまで難しい工程はありませんので、BXONEのアカウント管理だけしっかりしておけばOKですよ。

まとめ

今回はXMでのBXONEの利用方法について紹介してきました。

BXONEは対応するFX業者が少なく、クレジットカードでの入金が不可能というデメリットがあります。

しかし、入金手数料無料+出金手数料は一律500円というのは大きなメリット。

オンラインウォレットの中で最も安く利用できるので、この機会にBXONEのアカウントをとりあえず作っておくのもアリかもしれません。

オンラインウォレット自体入金が即時反映されたりと使い勝手がなかなかいいので、ぜひ検討してみてくださいね。

-XM 入金

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.