XM 入金

BXONEをXMの入金におすすめする理由

投稿日:

XM 入金 おすすめ アイキャッチ画像

XM入金元として受け付けているのは銀行やクレジットカードだけでなく、オンラインウォレットというものもあります。そうしたらオンラインウォレットとしてとくにおすすめなのがBXONE。ほかのオンラインウォレットと比較して安全性がとくに高くなっています。今回はBXONEについてお話したいとおもいます。

 

 

◆XMの入金におすすめできるBXONEとは?

XMの入金用としてオススメしたBXONEですが、そもそもどういったものなのでしょうか。

 

・オンラインウォレットの1つ

BXONEはオンラインウォレットのひとつです。国際的に管理運用することを前提としているため様々な通貨の利用がおこなえます。具体的に使える通貨は法定通貨である米ドルやユーロ、円があり、仮想通貨としてはビットコインやイーサリアムなどが扱えるようになっています。

 

BXONEの大きな特徴は「仮想通貨同士の両替がおこなえる」こと。BXONEで運用できる仮想通貨限定ですが、保有している仮想通貨をほかの仮想通貨に両替するなど、仮想通貨に関してはかなり柔軟性の高い運用がおこなえるようになります。もちろん両替ができるのは仮想通貨同士だけであり、仮想通貨を法定通貨に両替するといったものは出来ませんので気をつけてください。

 

・eZpayカードというプリペイドカードが使える

BXONEはオンラインウォレットであり「財布」という名前が使われているため、現実の買い物でも使用したいときがあるでしょう。BXONE側の運営者もそうした状況を理解しており、「eZpay」というカードを発行すれば現実世界でも買い物がおこなえます。

 

 eZpayカードはBXONEが発行するプリペイドカード1種です。BXONEの口座と連動しており、カードにチャージしたぶんだけ現実で買い物が行えるようになります。さらにeZpayカードが使えるのは買い物だけではありません。コンビニや銀行にあるATMなどを利用すれば、カードにチャージしたお金をそのまま現金として引き出すことも可能です。

 

こうして聞くとeZpayカードはクレジットカードと似ているような気もしますが、両者には大きな違いがあります。それが安全性。カードを紛失した時に発生するリスクの大きさが異なります。

 

たとえばクレジットカードを紛失した場合は、早く無効化しないと買い物だけでなくキャッシングなどを勝手に使われて借金を作られてしまうなど、紛失したときのリスクが大きいです。

 

一方eZpayはどうでしょうか。こちらはプリペイドカードなのでチャージした以上の金を使うことはできません。ATMから現金を引き出すとしてもカードにチャージした分しか取り出せないので、入金額次第では被害を抑えることが可能です。

 

このようにリスクを抑えつつ運用できるのが、eZpayカードのよいところといえるでしょう。XMでの入金にeZpayカードを使うことはありませんが、無料で作れるカードですので、BXONEの口座を作った時は一緒にカードも作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

◆BXONEがXMへの入金としておすすめできる理由

BXONEがXMへの入金としておすすめできる理由はいくつかありますので紹介します。

 

・入金コストが安く、対応できる銀行も多い

XMへの入金でBXONEをおすすめする理由の一つが、「入金手数料がかからない」という点です。BXONEからXMへの入金は原則として手数料がかからないため、いくら入金額が大きくしても、入金したお金がそのままXMの口座に振り込まれるようになります。

 

もう一つ重要なのがBXONEへの入金。通常であれば銀行からオンラインウォレットに入金するときは数%ほどの入金手数料をとられてしまいますが、BXONEではそうした手数料が一切発生しません。

 

銀行口座からBXONEへの入金とBXONEからXMへの入金、それぞれのルートで入金手数料はかからないため、入金にかかるコストをかなり抑えられるようになります。

 

もう一つ重要なのは入金に対応している銀行の多さです。オンラインウォレットとしてよく使われるbit walletの場合、メガバンクで入金に対応しているのがみずほ銀行だけとなっています。BXONEの場合は入金できる銀行がみずほ銀行だけでなく、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など入っているなどさまざまな銀行からの入金を受け付けています。

 

・安全性が高い

オンラインウォレットを保つ上で注意しなければいけないのはセキュリティです。

インターネット上で存在しているオンラインウォレットは、いついかなる状況でもお金を引き出すため便利といえば便利なのですが、言い換えれば常に財布が外部の環境とつながっているという状況にあるので、ハッキングなどに弱いという欠点を抱えています。

 

ですがBXONEは、オンラインウォレットのウィークポイントとされるハッキングに強いという特性をもっています。その理由はコールドウォレットを採用していることです。

 

オンラインウォレットという分類にありながらも、ウォレット自体はインターネットと隔離した環境に置かれています。ハッキングは外部とつながっているから起こりえる現象なので、外部とつながっていないBXONEはハッキングされることがまずありません。

 

とりわけ XMへの入金は一回につき10万円や20万円、多ければ50万を超えることもあります。そうした大きなお金が一度に動くことから、お金を入れておく場所の管理はかなり重要です。自分の資金を安全に管理するならば、BXONEの口座はかなりおすすめといえます。

 

 

◆まとめ

BXONEはオンラインウォレットの一つであり、主要国の法定通貨だけでなく複数種類の仮想通貨も運用できるなど、取り扱っている通貨の種類が多くなっています。またオンラインウォレットでありながらもコールドウォレットの仕組みを採用しているなど、セキュリティの性能が高く、大金を預けても安心して運用がおこなえるようになります。

 

そのためXMへの入金元としてはかなりおすすめなオンラインウォレットとなりますので、お金の預け入れ先を探しているときはBXONEの口座を作ってみてはいかがでしょうか。

-XM 入金

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.