XM 全般

スマホでXMのFX取引を快適におこなう方法

投稿日:

XM FX スマホ アイキャッチ画像

1人1台スマホをもつようになったため、XMのFX取引でもパソコンではなくスマホだけで取引する人が増えています。携帯できるスマホならばいつでも取引がおこなえるのですが、画面やネットワーク回線などの面で不都合を抱えているので注意が必要です。今回はスマホXMFX取引をするときに、より快適に取引がおこなえる方法について紹介していきます。

 

 

◆XMのFX取引をしたいときにスマホの画面が小さい問題の対処法

スマホでFX取引をするときの課題の1つが「スマホの画面が小さい」という問題。あるものを使えば解消されるようになります。

XM FX スマホ 見出し画像1

・ほかのスマートフォンを使ってみる

「画面が小さすぎてチェックすべき情報を表示しきれない」ときは他のスマートフォンとの併用をお勧めします。スマホの買い替えをした時やキャリアを変更した時に買わなくなったスマホが手元にないでしょうか。そうしたスマホがあれば、第二のディスプレイとしての運用がおこなえます。

 

買い替えをした後のスマホはSIMカードがないため起動しません。ですが携帯会社によっては格安SIMだけの販売をおこなっており、SIMカードを入手すれば、再びスマホが使えるようになります。

 

使わなくなったスマホをFX取引における第二ディスプレイとして運用できれば、スマホ画面の問題である画面の小ささをある程度補えるようになります。

 

ここに紹介した方法は使っていないスマホをもっていることが前提です。もしも FX取引のために新しいスマートフォンを買おうとしているならば、スマホではなくタブレットを買うようにしましょう。

 

タブレットはノート PCと同じぐらいの画面サイズながら、携帯できるぐらいに軽いため FX用の第二ディスプレイとしてはこちらの方が使いやすいです。

 

・ほかのアプリを代用してみる

もう一つの方法はほかのアプリ利用することです。スマホディスプレイを物理的にすることはできませんが、複数のアプリを同時に使用することは可能です。XMのFX取引アプリを起動する一方で他のアプリも起動しておくと、アプリの切り替えだけで必要な情報が入手できるようになるため、ディスプレイの小ささをある程度補えるようになります。

 

起動しておくアプリでオススメなのがニュースアプリ。FXに大きな影響を与える経済指標の発表などはニュースでも紹介されることがあるからです。FXアプリでもニュースは見られますが、ニュース専用のアプリのほうが使いやすかったりするため、そちらを併用したほうが取引の効率は良くなります。

 

なお複数のアプリを併用するという方法を取る場合は、スマホにメモリー容量に気をつけてください。価格の安いスマホはコストダウンの都合から、容量が少ないメモリーを使用していることがあります。メモリーサイズの小さいスマホの場合、複数のアプリを起動するとアプリのデータをメモリーに置ききれないことがあり、アプリの切り替えをするといちいちデータの再設置が起きるようになるなど、アプリの起動に時間がかかるようになります。

 

ではどれくらいのメモリーがあればよいでしょうか。使用するアプリにもよりますが最低でも4GBは欲しいところです。

 

 

◆スマホのネットワークが使えずにXMのFX取引がおこなえない問題の対処法

「スマホのネットワーク回線が使えない場所に来た時の対応」もスマホでFX取引をする上での課題となっています。解消するにはあるものを用意する必要があります。

XM FX スマホ 見出し画像2

・モバイルルーターをもっていく

外出するときはスマホだけでなく、ポケットWi-fiなどのモバイルルーターも持っていくとネットワークの問題が発生しにくくなります。目的はネットワーク回線の複合化です。普段はスマホの回線を使うようにして、スマホの回線が使えない場所ではモバイルルーターの回線に切り替えてFX取引を継続します。

 

1つネットワーク回線しかなければ回線不通のリスクが発生する確率は高いですが、回線が2つあると回線不通のトラブルはほとんど発生しません。仮に10%の確率で回線不通が起きるとすると、2つの回線が「同時に」使えなくなる確率は約1%です。(計算式は「1-(1-0.9)^2=0.01」)

 

格安SIMのみならずキャリアでも、WiMAX(無線通信規格の1つ)がつかえるモバイルルーター端末を購入できるようになっています。そうしたところでモバイルルーターを購入しておけば、外出中でも安定してFX取引がおこなえるようになります。

 

なおモバイルルーターをもって外出するときはスマホだけでなく、モバイルルーターのバッテリー残量にも注意してください。

 

・フリーWi-fiを利用する

全国展開している喫茶店などではフリーWi-fiを用意している場合があり、それらを利用すればネットワーク回線が使えないという問題が解消されます。喫茶店など使用できる場所が限定されるという欠点はありますが、店内に入ればほぼ100%の確率でネットワーク回線を使えるようになります。

 

フリーWi-fiを使うメリットは「通信容量を気にしないで済む」という点です。スマホの回線のほとんどは一定量の通信容量を使用したら通信速度に制限かかるようになっています。ですがフリーWi-fiは通信速度に制限が発生することは基本的にないので、大容量のファイルでも遅延なくダウンロードがおこなえます。

 

ただしフリーWi-fiの多くは通信が暗号化されないというデメリットもありますので、その点には注意してください。個人がもつWi-fiであれば暗号化したりパスワード設定をしたりするのですが、フリーWi-fiは使いやすさや回線速度などを重視していることから、そうした措置がほとんどおこなわれていません。使いすぎると回線の盗聴などが発生します。

 

 

◆まとめ

スマホでXMのFX取引をするときは、ディスプレイの小ささやネットワーク回線が不安定という課題がつきまといます。ですが使っていないスマホのディスプレイを利用したり、モバイルルーターを携帯したりすれば、課題をある程度解消することが可能です。

 

自宅外でFX取引をするときは、今回紹介した方法を使うとより快適に取引がおこなえるようになります。どの方法がよいかは自宅周辺や職場周辺の環境によって異なりますので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

 

 

-XM 全般

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.