XM 全般

XMのレバレッジ設定は人によっておすすめとなる数値が変わる

投稿日:

XM レバレッジ おすすめ アイキャッチ画像

XMでは888倍という高いレバレッジの設定がおこなえます。こうして聞くと魅力的な内容と思えますが、高すぎるという理由から888倍のレバレッジ設定をするのに躊躇してしまう人もすくなくありません。レバレッジはどれくらいの設定がベストとなるのでしょうか。トレーダーによって気質や資金力が違うため一概には言えませんが、ある程度の傾向は判明しています。今回は高いレバレッジ設定をおすすめする人と、低いレバレッジ設定をおすすめする人について紹介していきます。

 

 

◆XMで高いレバレッジがおすすめできる人

最初は高いレバレッジの設定をおすすめする人について説明していきます。

XM レバレッジ おすすめ 見出し画像1

・取引に必要な証拠金が少なくなる

高いレバレッジの設定がおすすめできる人は「持っている資金が少ない人」です。そうした人におすすめする理由は、「取引に必要な証拠金が少なくなる」ことから来ています。一般的にレバレッジを高くするほど、取引に必要な証拠金は少なくなります。

 

例えば1枚100円の通貨を1ロット10万枚入手したとしましょう。レバレッジ25倍とすると必要な証拠金は40万円(100円 × 10万枚 ÷ 25)となるのに対して、888倍のレバレッジが設定されていると、入手に必要な証拠金は約11万3千円まで減少します(100円 × 10万枚 ÷ 888、百円以下切り捨て)。このように FX 取引をするときは必ずレバレッジがかかっており、その数値が高くなるほど購入時の証拠金は少なくなります。

 

レバレッジが高いと1ロット辺りの証拠金が少なくなるため、一度に大量のロット数を所有することも可能です。 ロット数が多いほど通貨の価格が上がった時にえられる利益は多くなりますが、逆に価格が下がった時の損失も大きくなってしまうので、実際におこなうときは気をつけてください。

 

・ロスカットが起きにくくなる

レバレッジの数値が高くなるほど、ロスカットが起きにくいというメリットがあります。 ロスカットとは自動的におこなわれる決済のことであり、トレーダーにとっては避けたい行為です。

 

XM の場合、ロスカットが発生する条件は「証拠金維持率が20%未満になったとき」となっています。証拠金維持率の計算式は「有効証拠金(口座内資金 + 含み損益) ÷ 必要証拠金(レート × 取引数量 ÷ レバレッジ) × 100」であ、分母を求める時にレバレッジが使用されています。レバレッジの数値が高いほど証拠金維持率が高めに計算されることから、ロスカットが発生しにくくなります。

 

なおレバレッジが高くなるとロスカットは大きくなりますか、取引するロット数が多くなるほど逆にロスカットは起きやすくなるので気をつけてください。

 

 

◆XMで低いレバレッジがおすすめできる人

今度は低いレバレッジの設定をおすすめする人について説明していきます。

XM レバレッジ おすすめ 見出し画像2

・損失を抑えて取引がしたい人

損失を抑えて取引がしたい人にとっては、レバレッジの数値を低くして取引することをおすすめします。レバレッジを低くする目的は「なるべく早くロスカットを発生させる」ことです。

 

ロスカット自体は強制的に取引を約定させてしまうため、通常であれば避けたい行為となります。ですが言い換えれば本人の意思に関係なく取引を終わらせられるので、一定以上の損失を負わないということにもなります。

 

FXなどの投資活動は大きな損失に対する挽回というのはかなり難しいため、損失を抑える損切りという行為が大切です。ですか、取引をする人の中には損失が出たとしての「まだ挽回できる」と思ってしまい、損失がうまくできないという人も少なくありません。

 

そうした人はレバレッジを低めに設定しておくと、損切り行為であるロスカットがすぐに発生するため、損切りに躊躇してしまいがちな人でも大きな損失を負わなくなります。

 

・緊張感をもって取引をしたい

「一つ一つの取引を真剣にかつ緊張感をもっておこないたい」というのであれば、レバレッジをあえて低くしたほうがよいでしょう

 

レバレッジを高く設定すると、確かに多くの取引がおこなえるというメリットがあります。ですが多くの取引がおこなえると注意や思考が分散することにもなるため、一つ一つの取引が雑になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

逆にレバレッジを低く設定すると、一取引あたりに必要な証拠金が増えることから多くの取引はおこなえません。ですができる取引が絞られるということは、本人の意識は少数の取引で集中することになるため、取引についてよく考えるようになります。さらにレバレッジが低いとロスカットが発生しやすいことから、ロスカットを発生させないためにも緊張感を持った取引がおこなえます。

 

利益を上げるには高いほうが良いかもしれませんが、当たりと同時に外れの取引も多くなってしまうため、必ずしも利益が上げられるとは限りません。むしろ取引を絞り、当たりが出そうな取引だけにリソースを割いた方が利益を上げられるケースもあります。

 

・レバレッジの管理を簡単にしたい人

レバレッジの管理を簡単にしたい人にとっても、低いレバレッジ設定はおすすめです。 XM では特定のイベントになると強制的にレバレッジが下がったり、種目によってはレバレッジの条件が低かったりと、高いレバレッジが全ての者に適用されるわけではありません。そのため取引するときは高いレバレッジ適用できるかどうかを確かめる必要があります。

 

低いレバレッジであれば、そうした種目によって適用されるレバレッジの上限を気にする必要がないため、レバレッジの管理が簡単になります。

 

 

◆まとめ

レバレッジに関して特にこだわりがないというのであれば、888倍など高めの数値にしておくことをおすすめします。レバレッジが高いとロスカットの発生を抑えられたり、一取引あたりに必要な証拠金を減らせたりと、えられるメリットが大きいからです。

 

ただしレバレッジが高いと多くの取引がおこなえることになるため、意識が分散されて取引が雑にしまうことがあります。一つ一つの取引が雑になってしまうと損失を乱す原因にもなりかねないので、取引を丁寧におこないたい場合はレバレッジを低くした方がよいかもしれません。

 

 

-XM 全般

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.