XM TRADINGとは

XM Tradingの口座別評判

投稿日:

XM trading 評判 アイキャッチ画像

あなたは自分の評判についてどう考えていますか。「自分は自分、他人は他人」と考えている人もいれば「他社からの評判は大切」と考えている人など受け取り方は様々です。ではXMにはどういった評判があるのでしょうか。参考にする/しないは自由ですが、今回はそうしたXM Trading評判を口座別に説明してきます。

 

 

◆XM Tradingの口座別評判

XMには3種類の口座があり、それぞれで特性が異なっているため、特性を考慮しつつ評判を見なければいけません。

XM trading 評判 見出し画像1

・スタンダード口座の評判

XM Trading利用できる口座の一つ目はスタンダード口座で、1ロットあたり通貨10万枚単位で取引がおこなえる口座です。保有できる通貨ペアの最小ロット数が0.01(1000枚)、最大ロット数が50ロット(500万枚)となっています。

 

スタンダード口座の良いところはレバレッジが高いことです。最大888倍ものレバレッジを利用できることから、ある程度の証拠金を用意できれば、かなり大きな取引がおこなえるようになります。

 

またレバレッジが高いということは、取引するロット数を抑えれば求められる証拠金が少なくなるなど、無理をしないでは安全に取引をすることも可能です。

 

総じてスタンダード口座はレバレッジが高く、1ロットあかりの通貨枚数も多いことから「FXで本格的に儲けたい」、「FX取引で生計を立てていきたい」という人にはおすすめの口座となっています。

 

・マイクロ口座の評判

XM Trading利用できる口座の一つ目はスタンダード口座で、1ロットあたり通貨枚数が1000枚になっている口座です。

 

保有できる通貨ペアの最小ロット数が0.01(10枚)、最大ロット数が100(10万枚)となっています。ただしプラットフォームMT5にした場合、最小ロット数が0.1ロットとなりますので気をつけてください。

 

スタンダード口座と比較した場合、1ロット辺りの通貨枚数や保有数が異なるという違いはありますが、それ以外ではスタンダードとの違いはありません。

 

マイクロ口座でありがたいのはスタンダードと同じレバレッジが適用できることです。1ロット辺りの通貨枚数が少ないということは、言い換えれば取引で求められる証拠金も少なくなるのですが、XM特有の888倍のレバレッジを適用すればさらに証拠金を下げられるようになります。

 

「リスクをできるだけ抑えて取引がしたい」「FX について学びながら取引がしたい」という方はマイクロ口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

・ゼロ口座の評判

XM Trading利用できる口座の3つ目はゼロ口座です。ゼロ口座は「スプレッドが実質的にゼロ」のため、ゼロ口座という名前が与えられました。スタンダード口座はマイクロ口座の場合平均スプレッドは1.0pipsから2.0pipsであるのに対して、ゼロ口座の平均スプレッドは0.0 pipsから0.1pipsとなっています。

 

ただしゼロ口座はレバレッジが他の口座よりも低くなっていることには気をつけてください。

 

スタンダード口座やマイクロ口座のレバレッジか888倍なのに対して、 ゼロ口座のレバレッジは最大500倍までしかありません。500倍でも十分に高い数値と言えるかもしれませんが、スタンダード口座などよりは劣ることは留意しておいてください。

 

 

◆全口座で共通しているXM Trading評判

口座別に個性のあるXMですが、一方で共通している特性もあるので見ていきましょう。

XM trading 評判 見出し画像2

・いずれの口座にもあるゼロカット

XMで使用できる三つの口座の個性を紹介してきましたが、いずれの口座であっても「ゼロカット」の仕組みが用意されています。ゼロカットとは口座残高を調整する仕組みであり、適用されるといくら大きな損失が発生しても、口座残高がマイナスになることはありません。

 

ゼロカットの仕組みはスタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座のいずれも用意されており、安心して取引がおこなえることに大きな貢献をしています。

 

ゼロカットの仕組みが用意されていることもまたXM Tradingの評判を押し上げる要因の1つといえるでしょう。

 

基本的にゼロカットは取引の規模が大きくなるほどに発生しやすいのが特徴です。そのため取引の規模が大きくなるスタンダード口であれば恩恵は大きいのですが、取引の規模が小さいマイクロ口座は得られる恩恵が少ないのかもしれません。

 

・ロスカットの発生条件は証拠金維持率が20%を切ったとき

ゼロカットの他に、全講座で共通しているのがロスカットです。いずれの口座であっても証拠金維持率が20%を切った時にロスカットが発動するようになっています。ロスカットの発動条件である「証拠金維持率の20%」そういうのは他の FX 会社と比較して低い数値となっているのが特徴です。

 

そのためギリギリまで取引ができるという評判がある一方で、抱えてしまう損失が大きくなると言った評判も存在しています。

 

なお証拠金維持率の計算はレバレッジが関わるため、同じパーセンテージあったとしてもレバレッジの低いゼロ口座の場合は、若干ながら発生しやすくなりますので気をつけてください。

 

・汎用プラットフォームを使っている

XMでは独自のプラットフォームを作っていないことから、取引で使用するプラットフォームはMP4やMP5など汎用的なソフトウェアとなっています。汎用であることから使い勝手もそれなりによく、他のFX会社でも使っているため他社からの乗り換えも容易におこなえるといった意外な評判を得ています。

 

 

◆まとめ

ゼロカットの仕組みがあったり、ロスカットの発生条件のおかげでギリギリまで取引を粘れたりなど、XM Tradingには様々な評判があります。ただし実際に取引するときは、スタンダード口座、マイクロ口座そしてゼロ口座のいずれかを選ぶことになり、講座ごとに個性があることから評判もまた様々です。

 

評判の中にはXM共通のものがある一方で、口座独自の評判もあるためXMの評判を調べる時はそうした点にも気をつけて調べるようにしましょう。

-XM TRADINGとは

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.