XM 全般

XMにおけるFX取引は月曜日に始まるが、開始時間には違いがある

投稿日:

XM、FX、開始時間、月曜日、アイキャッチ画像

XMでおこなうFXトレードは人の手でおこなうことため取引時間は24時間いつでもとは限りません。必ず取引開始時間と終了時間というのが設けられています。取引開始時間はどんな種目でも一律であるイメージがありますが、実際には種目によっては独自の取引開始時間が設定されている場合があります。通常の取引開始時間は何時であり、特別な時間が設定されている種目はどういったものなのでしょうか。今回はXMなどが使う FX の取引時間などについて説明していきます。

 

 

◆XMにおけるFX取引の開始時間は月曜日のいつ?

最初はFXの通常の取引開始時間と、通常の時間でない項目などについて説明していきます。

XM、FX、開始時間、月曜日、見出し画像1

・FX取引は月曜日の早朝が開始時間となる

XMの取引開始時間は月曜日の6時5分からとなっています。時間に関してはMT4、MT5とも変わることはありません。ちなみに取引終了時間は土曜日の5時50分となっているなど、土日は基本的に休みですので気をつけてください。

 

また取引開始時間が6時5分というのは冬時間のことであり、夏時間になる3月最終日曜日から10月の最終日曜日の間は、取引開始時間は午前7時5分からとなります。1時間遅れるため取引終了時間も5時50分から6時50分へと変化します。

 

・月曜日だけど取引が開始されない日がある

取引開始時間は基本的に変わることはありませんが、特定の日に関してのみ変化するようになっていますので気をつけてください。たとえば12月25日と1月1日、それぞれクリスマスと年始のため休みとなっています。1月1日は誰も仕事したくないというのは世界中で同じのようです。

 

クリスマスと年始もそうですが、12月26日および1月2日にも注意が必要です。どちらもクリスマスと年始の翌日となっています。クリスマスや年始の翌日は、取引開始時間がどちらも16時5分からなっています。通常が6時5分なので10時間ほど遅れての開場となり、いつもと同じ感覚で取引をしようとすると休場していて何もできないということになる可能性があります。休日後は開場が遅れるということは覚えておきましょう。

 

・ロシアのルーブルは開始時間がズレている

取引開始時間でとくに注意してほしいのが、ロシアの通貨であるルーブル(RUB)をつかった通貨ペア。通常の取引開始時間は月曜日の6時5分からですが、ルーブルの通貨ペアのみ月曜日の16時05分からとなっています。ルーブルだけが取引時間が遅くなっている理由に関しては、詳しい事情は不明です。ですがルーブル自体は取引量の少ないマイナーな通貨であり、かつ2019年には金利が17%から6%に下落するなど通貨としての価値も不安定な面があります。流通が少なく不安定だから、トレーダーおよびXMの運営側でリスクを減らすために取引時間を変えたのではないか、とされています。

 

 

◆XMで取引しているFX以外の項目は月曜日のいつが開始時間になる?

XMではFX以外のものも取引していますので、そちらの取引時間などについても説明しましょう。

XM、FX、開始時間、月曜日、見出し画像2

・石油やガスなどエネルギー分野の開始時間

石油やガスなどエネルギー分野では一部の製品が通常の取引時間が異なるのが特徴です。実際に天然ガスやWTI原油は月曜日の午前8時5分であり、BRENT原油やロンドン軽油などは取引開始時間が10時5分となっています。

取引開始時間は異なるものの、取引終了時間は土曜日の6時10分と固定です。そのためBRENT原油やロンドン軽油などは取引時間が短いことになりますので気をつけてください。

 

石油に関しては産油国である中東が価格を決めているイメージが強いですが、実際に決めているのは取引の中心地はアメリカのニューヨークマーカンタイル取引所(別名:NYMEX)となっています。また石油のトレードをおこなっているのは石油会社だけはありません。個人投資家や金融機関、ファンド資産運用者たちも多く参加しており、投資家だけで石油トレードの参加者のうち8割を占めるとされています。投資家が多いので石油の価格は需要と供給だけでなく投資形の思惑も絡むようになっているのが特徴です。

 

・ビットコインなど仮想通貨の開始時間

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の取引時間ですが、こちらはFXなどと同じく月曜日の午前6時5分が取引開始時間となっています。仮想通貨も現実に存在する通貨と同じように取引できるのですが、2019年10月より仮想通貨の新規注文が禁止となりました。そのため取引時間などを意識するのは「禁止になる前に仮想通貨を保有していたトレーダー」だけとなっていますので、気をつけてください。禁止になる前に保有していた仮想通貨であれば通常の通貨ペアと同じように運用ができます。

 

仮想通貨取引所であれば24時間いつでも取引ができるのに対して、XMの場合は土曜日の5時50分までと取引できる時間に制限が設定されています。仮想通貨取引所での取引に慣れている方ほど、取引できない時間があることは見逃しやすいので、とくに気をつけるようにしましょう。

 

・金などの貴金属類の開始時間

XMではゴールドやシルバー、パールなどの貴金属類も取引をおこなっています。貴金属に関しては月曜日の7時5分が取引開始時間です。貴金属の種類によって取引開始時間が変わることはありません。

 

貴金属のうちゴールドは希少性や価格の高さなどから頻繁に取引されています。取引の中心地は「ロコ・ロンドン市場の現物価格」と「ニューヨーク市場の金先物価格」の2つです。現在では市場規模の大きいニューヨーク市場がイニシアティブを握っており、XMで取引している価格もニューヨーク市場のものとなっています。またゴールドの取引単位である1ロットは100オンス(約2.8キログラム)です。

 

 

◆まとめ

XMでおこなうトレードの取引開始時間は月曜日というのは決まっていますか、ドル円は午前6時から取引できるのに対して、ロシア通貨であるルーブルは16時にならないと取引できないなど、種目によって開始時間が異なっているので注意が必要です。また取引開始時間は通貨ペアだけでなく、ゴールドなどの貴金属類や原油および天然ガスなどのエネルギーについても、取引時間が異なっているものがあります。「早朝から取引したいけど、まだ開始になっていないからどうすることもできない」ということを回避するためにも取引時間はしっかりと把握しておくようにしましょう。

-XM 全般

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.