XM 全般

XMのレバレッジを最大の888倍にすると保証金の計算はどう変化するか?

更新日:

XM、レバレッジ、計算、アイキャッチ画像

XMで設定できるレバレッジの最大は888倍。国内FXのレバレッジの上限はほぼ25倍までしかないことを考えるとXMのレバレッジは驚異的なものです。レバレッジが高いと「取引ができるリスクが高くなる」や「いろいろなことができる」といったイメージを抱いてしまいますが、実際どうなのでしょうか。今回は計算式などの観点からXMレバレッジについて考えてみました。

 

 

◆XMの必要証拠金はレバレッジによってどう計算が変化するか?

XMでは取引を開始するときには必要証拠金というのを用意する必要があります。必要証拠金の計算にはレバレッジが大きく関わっているので、計算式をみてみましょう。

XM、レバレッジ、計算、見出し画像1

・必要証拠期の計算式とレバレッジの関係

必要証拠金とは、取引をする際にFX業者に対して預けなければいけないお金のことです。XMなどがおこなうFX取引は基本的にレバレッジを仕掛けて取引をおこないます。投入したお金が100円であれば5000円まで取引ができるなど、レバレッジによって預けたお金の数倍から数十倍ほど拡大して取引ができます。ですがバレッジはお金を増やすことはできるけれど、種銭そのものは自分で用意しなければいけません。取引で使う種銭こそが必要証拠金です。

 

必要証拠金を考える上でレバレッジは重要な要素となります。なぜならばレバレッジが必要証拠金の計算に使われるからです。必要証拠金の計算式は「通貨の約定レート×取引する通貨の枚数÷レバレッジの値」となります。計算式でレバレッジの値をつかっており、しかも最後の割り算の分母であることから、レバレッジもまた必要証拠金に大きな影響を与えています。

 

・XMと国内FXの必要証拠金を比較

では実際にXMのレバレッジと国内FX業者のレバレッジで、どれくらい必要証拠金に違いがでてくるのか、実際に計算をして確かめてみましょう。今回は通貨の約定レートは120円、取引する通貨の枚数は50万枚として考えます。

 

最初は国内FX業者です。国内の場合であればレバレッジは最大25倍までなので、必要証拠金計算式は「120円×50万枚÷25」となります。実際に計算すると「240万円」となるため、50万枚の通貨を取得するには240万円もの必要証拠金を用意しなければいけないことになります。

 

海外FX業者であるXMの場合はどうなるでしょうか。XMのレバレッジは最大888倍なので、必要証拠金の計算式は「120円×50万枚÷888」となります。実際に値を当てはめて計算をすると「6万7567円」になるため、50万枚もの通貨を取得するに用意する必要証拠金は約6万7千円と、国内FX業者の10分の1以下まで減少させられます。

 

レバレッジの数字1つで取引のために用意する必要証拠金がここまで変化するので、大統領選挙などのイベントによってレバレッジに強制的な制限がかかるときは気をつけてください。

 

・必要証拠金が低いとXMの取引はどう変わる

必要証拠金は取引をはじめる際に用意しておかなければならないお金であって、取引が成立した後は基本的に気にする必要がなくなるお金です。また必要証拠金が少ないほど口座の中のお金に余裕が発生するというメリットがあります。そのためレバレッジが高いXM の方が1つの取引での必要証拠金の金額が少なくなることから、大量の通貨を購入できたり、さまざまな取引がおこなえたりなど利用できる範囲が広いのが特徴です。

 

どうしてもレバレッジが高いことに恐ろしさを感じていましたら。意図的にXMのレバレッジを下げるようにしてください 。XMでは100倍や50倍など一定割合ではありますが、レバレッジを変更できます。レバレッジの変更をしたいときは、マイページよりおこなえますので、高レバレッジに抵抗感があったり必要証拠金の計算をより簡単にしたりしたいときは、レバレッジの変更を試してみてください。

 

 

◆XMの証拠金維持率はレバレッジによってどう計算が変化するか?

XMでは取引を維持するためには証拠金維持率を一定数以上にキープしていなければいけません。実は証拠金維持率にも間接的にですがレバレッジが関わっています。

XM、レバレッジ、計算、見出し画像2

・証拠金維持率とレバレッジの関係

証拠金維持率とは口座の中にあるお金と取引で使っている必要証拠金が、どれくらいの割合にあるのかを示す数値です。

証拠金維持率はパーセンテージで示される数値であり、もしも一定割合以下になってしまった場合は強制的に取引を約定させるロスカットが発動するという性質を持っています。ロスカットが発生する証拠金維持率は20%。国内FX業者であれば証拠金維持率は50%や100%であることが多いのを考えると、XMの証拠金維持率は割合が低いといえます。

 

証拠金維持率の計算式は「口座にある資金÷必要証拠金×100」です。たとえば口座にある資金が300万円でとある取引の必要証拠金が240万円として計算式に当てはめると「300万円÷240万円×100」となり、証拠金維持率は125%となります。XMではロスカットが発生するのは証拠金維持率が20%になったときなので、口座にある資金が48万円未満になったときにロスカットが発動するようになります。

 

・レバレッジが高くなっても証拠金維持率には影響がない

証拠金維持率の計算式にもレバレッジの数値は関わってきます。ただし直接関係するものではありません。証拠金維持率の計算式は「口座にある資金÷必要証拠金×100」となっており、レバレッジは必要証拠金を計算するときに限定されています。端的にいえば間接的に証拠金維持率の計算へ影響を与えるといってよいでしょう。

 

 

◆まとめ

XMでは888倍という高いレバレッジを設定できるため、取引などさまざまなところに大きな影響を与えています。影響を与えているものの1つが必要証拠金。レバレッジの数値が高いと反比例するかのように必要証拠金の数値が低くなるので、XMでは少ない資金で大量な取引ができます。レバレッジはほかの計算にも影響を与えていますので、ここ以外のことについても調べてみるとおもしろいかもしれません。

-XM 全般

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.