XM 全般

XMで使えるスワップポイントの計算方法

投稿日:

XM スワップポイント 計算 アイキャッチ画像

XMでは通常のトレードのほかに、スワップポイントを利用した取引も可能です。

スワップポイントを狙って取引するときは、チャートなどの分析能力よりも計算能力などが求められる傾向にあります。スワップポイントではどういった計算式がありどういったことを考慮する必要があるのでしょうか。今回はそうしたスワップポイントにまつわる計算について説明していきます。また途中でXMが提供しているXMの計算ツールについても記述しておきます。

 

 

◆XMでのスワップポイントの確認方法と計算式

スワップポイントの計算をする前にスワップポイントそのものの確認がおこなえますので見てみましょう。

XM スワップポイント 計算 見出し画像1

・スワップポイントの確認方法

スワップポイントの計算をする前にまずはスワップポイントがどこで閲覧できるのかを紹介します。基本的にはプラットフォームで閲覧することになるでしょう。

 

まずはプラットフォームの左側にある「通貨ペアリスト」にて右クリックしてメニューを表示し、「通貨ペア」を選択します。今度は「通貨ペアリスト画面」が表示されますので、スワップポイントの確認がしたい通貨ペアをリストから検索してください。見つかったら通貨ペアを選択したまま、マウスカーソルを動かして「設定」をクリックします。

 

クリックすると今度は「取引条件画面」でてきます。画面のリストに「買いスワップ」と「売りスワップ」の項目がありますので探してみてください。現在のスワップポイントが表示されているはずです。

 

・スワップポイントを日本円に変える計算式

スワップポイントは「ポイント」というFX特有の数値として表示されます。ポイントという名前が示す通り、スワップポイントはあくまでも仮想的な数値であり、現実に存在しないものです。そのため実際に取引するときは「ポイント」を「円」に変換する処理も同時におこなわなければいけません。

 

どうやってスワップポイントを日本円にすればよいのでしょうか。スワップポイントを円に変換する計算式があるので紹介いたします。ただし日本円が関わるケースとかかわらないケースの2つを考慮する必要がありますのでそれぞれ紹介していきます。

 

まずは日本円が関わるケース。こちらは「0.001×通貨数量×スワップポイント」の計算式を使うことで得られる日本円が判明します。たとえばドル円で50万枚、スワップポイントが2.1で、日本円換算のスワップポイントを計算してみましょう。この場合「0.001×500,000×2.1=1,000」となるため、1日当たり1,000円分のスワップポイントを獲得できることになります。

 

今度は日本円がかからないケースです。こちらは「0.00001÷為替レート)×取引数量×スワップポイント×円レート」という計算式になります。こちらはユーロドルを対象として、ユーロが2ドルで、1ドル105円、50万枚保有してスワップポイントが0.4であるケースで考えてみましょう。この場合は「0.00001÷2)×500,000×0.4×105=105」となり、1日当たり105円分のスワップポイントを獲得できることになります。

 

取引する通貨によっては日本円で直接換算できないケースがあります。そうした場合は対象の通貨のドル価格を調査して、ドルに変換した価格を日本円に変換してください。今でもドルは基軸通貨であり、多くの国で取引されているため、このような方法が有効となっています。

 

なお今回は計算を簡単にする都合でスワップポイントはすべてプラスとして計算しました。実際に取引するときはマイナスのスワップポイントもありますので気をつけましょう。

 

 

◆XMが提供しているスワップポイントの計算ツールを使ってみよう

スワップポイントの計算はかなり複雑です。そのためXMでは一瞬でスワップポイントがわかるツールを用意してくれました。

XM スワップポイント 計算 見出し画像2

・XMにはスワップポイント計算用ツールがある

「保有している通貨ペアのスワップポイントをいちいち計算するのが面倒」というときはスワップポイントの計算ツールを使ってみてください。XMの公式サイトにはスワップポイントの計算ツールが置いており、だれでも自由に使用できます。

 

やり方ですが以下の項目を入力して最後に「計算」をクリックするだけです。

①口座の基本通貨を選択(たいていは「JPY」になるかと思います)

②ユーロドルならば「EURUSD」など、通貨ペアを選択します

③口座タイプからスタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座のいずれかを選択してください

④保有するロット数を入力します。

 

「計算」をクリックすると内部でスワップポイントの計算処理がおこなわれます。そして画面下部にある「スワップ買い(JPY)」、「スワップ売り(JPY)」、「スワップ買い(選択した通貨)」、「スワップ売り(選択した通貨)」の4つのスワップポイントが表示されますので確認してください。

 

・スワップポイントの計算ツールの注意点

XMが提供している計算ツールを使用するときに1つだけ注意してほしいことがあります。それが「スワップポイントはFX会社ごとに設定されている」ことです。スワップポイントは金利差によって発生するポイントですが、ポイントの中にはFX会社の手数料といったものも含まれています。どのくらいの手数料が含まれているのかはFX会社によって様々です。そのためスワップポイントの数値もFX会社によって違いがあります。XMの計算ツールで表示されるスワップポイントはあくまでも「XM上のスワップポイント」となりますので気を付けてください。

 

 

◆まとめ

価格が変動する通貨ペアとは異なり、スワップポイントは毎日ほぼ一定額が蓄積されるようになります。1日で100円分のスワップポイントが獲得できる場合は2日で200円、1か月で3000円に達することからスワップポイント狙いの取引は長期運用が基本となります。

 

金利は動かしにくい指標であることから、安定した利益を得られるように見えるスワップポイントですが、運用次第ではマイナスになりますので注意が必要です。そのためスワップポイントを狙って取引するときは、得られる金額の計算だけでなく世界の経済状況なども考慮した運用が求められます。

-XM 全般

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.