XM ログイン

XMのMT4でログインするために必要なものと、ログインできないときの対応

更新日:

XM、MT4、ログイン、アイキャッチ画像

XMで口座を開いた後はMT4のプラットフォームを使って取引を行うことになります。プラットフォームは汎用的なソフトであるため、使用するにはXMからもらったログインIDやパスワードを使ってログインする必要があります。今回はMT4ログインをする方法とログインするときの注意点などについて説明していきます。

 

 

◆XMのMT4のログインをするために準備するもの

ログインするにはログインIDやパスワードなどさまざまなものを用意する必要がありますので紹介をします。

XM、MT4、ログイン、見出し画像1

・ログインIDとパスワード、サーバー名をそろえておく

MT4でログインするにはログインID、パスワード、サーバー名を入力する必要がありますので、ログイン操作をする前に必ずこの三つの情報をおさえておきましょう。ログインIDとサーバー名は口座を開設したときにXMからメールで通知されたものをそのまま使用します。口座を作ったときにメールが来ているはずですので、忘れたときはメールボックスを探してみてください。パスワードは口座開設する時にユーザーが設定したものをそのまま使用します。

 

・口座を有効化しておく

XMではただ口座を作るだけではログインできません。新規作成した直後はまだ口座そのものが有効化されていないからです。そのため口座の作成が終わったあとは別途、口座を有効にする処理をおこなう必要があります。XMの会員ページにログインして、ご本人確認書類とご住所確認書類の提出をすればOKですのでログイン前におこないましょう。提出が完了するとXMで審査がおこなわれ、認められれば口座が有効化されログインできるようになります。

 

 

◆XMのMT4にログインする方法

ログインに必要な情報や手続きが終わりましたら、あらためてログインするための手順にはいります。

XM、MT4、ログイン、見出し画像2

・MT4のログイン手順

まずはXMの公式サイトからMT4のプラットフォームをダウンロードします。ダウンロードしたMT4を起動して、画面左側にあるナビゲーターから「口座」という項目を探しだしてクリックしてください。右クリックで表示されたメニューから「取引口座にログイン」を選択します。するとログイン画面が表示されますので、ログインID、パスワード、サーバー名を入力してログインしましょう。

 

・サーバー名がなかった場合は更新する

ログインするときに使用するサーバー名をリストから選択するのですが、ときどきリストにサーバー名が存在しないときがあります。そうしたときはプラットフォームのサーバー情報が古い可能性がありますので、更新しましょう。

 

サーバーの更新はデモ口座の申請画面より取り出せます。申請画面にはサーバーの一覧画面があり、画面下部にある「スキャン」ボタンを押してください。XMのサーバーから最新のサーバー上の法取得をする処理がおこなわれるようになります。処理が完了したのを確認してからあらためてログインするサーバーを探してみてください。

 

 

◆XMのMT4にログインできないときに確認すること

ログイン自体は簡単にできますが、ときにはしくじることがあります。ログインに失敗する原因は一体何なのでしょうか。

XM、MT4、ログイン、見出し画像3

・ログインID、パスワード、サーバー名があっているかどうか

XMのMT4にログインするにはログインIDとパスワード、サーバー名が必要ですので、間違っているとログインすることはできません。まずはログインIDらが正しいものを入力しているかどうかを確認してみてください。

 

もしも、そのときに正しいパスワードを忘れたことに気づいたら、マイページよりパスワードを設定しなおすようにしましょう。ログインIDとサーバー名に関してはXMで作成をしている都合で、ユーザー側からは変更できないようになっています。もしも忘れてしまった場合は、XMなサポートセンターに相談する必要があります。

 

・XMの取引用口座が凍結されている

日本だと口座の維持費は原則的にかかりませんが、海外の場合は国によっては口座を維持にするのにお金がかかることがあります。XMでも90日以上何もしていない口座に対して休眠や凍結状態にするようになっているので注意してください。

 

ここで厄介なのが凍結状態です。凍結という言葉を聞くと解凍もできるようなイメージがありますが、一度凍結したら以降は二度と解凍ができません。そのため口座が凍結状態になったら、もう駄目だと割り切って新しい口座を作る必要があります。

 

なお休眠した口座に関しては、まだ口座として生存しており、ログインすれば休眠状態が解除されますので、いつもどおりログインしていただいて問題ありません。

 

・XMのサーバーがメンテナンス中

XMではトレーダーが取引用のサーバーを保有して管理しています。取引に関する処理はサーバーなどの機械がおこなってくれますが、サーバーそのものの保守やメンテナンスは人間がおこなっています。そのためメンテナンスや点検などによって、一時的にサーバーの電源を切ることがあり、電源が入っていないサーバーは一時的にログインできなくなりますので気をつけてください。

 

メンテナンスにかかる時間は10分程度の短いものですが、サーバー側の事情はトレーダーにはどうすることもできないので、メンテナンス中はおとなしく待つしかありません。サーバーのメンテナンスは一応公式サイトなどで告知されていますので定期的に確認してみてください。もしもパスワードやログインIDが正しいのにもかかわらずログインできなかった場合は、公式サイトなどを見てメンテナンスがおこなわれていないかどうかをチェックするようにしましょう。

 

 

◆まとめ

XMのMT4にログインするためには、パスワードやサーバー名などを準備する必要があり、さらにプラットフォームをダウンロードしておいたりと、やることがやや多めとなっています。また正常にログインできればよいのですが、口座が凍結状態だったりメンテナンス状態であったりすると、ログインそのものに失敗することがあるので気をつけなければいけません。

 

もしもログインできないような状態に遭遇したら、状況などを調べて原因を推察して速やかに適切な処理をおこなうようにしましょう。

-XM ログイン

Copyright© XM口座開設方法 | XM口座の解説攻略サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.